ご存じですか?「引っ越しのお祝い」の常識について

日本には「お祝い事の風習」が色々ありますよね。

これは人と人との結び付きを強めるためにあるものですから、ぜひ積極的に活用し、
人脈を広げていきたいと思います。

でもどんな時に、どんなものをあげたらいいのか、
または「これはあげてはいけない」ものもありますし、お祝い事はなかなか難しいのは確かです。
常識になっていることを知らないと、恥をかくことになってしまいますからね。

「引っ越し」をした場合にも、お祝いを贈るのが礼儀になっています。
そんなの知っていましたか?

マイホームの売却、見積もり交渉はどうする?

一戸建てを売却しようとすると、必ず買主は「値引き交渉」をしてくることになります。
「いくらだったら買いますよ」と、指し値の金額を提示してくることになると思います。

これにはどのように対応したらいのでしょうか?

最低ラインを確認しておくのが大事

まず家の売出価格は、多少高めに設定することになると思います。
値引き交渉を見込んでおくということですね。

ただ最低ラインについては、不動産業者ときちんと確認しておくことが大事です。
もし購入希望者の指し値が最低ラインを上回るのであれば、あまり問題はないですよね。

ただ指し値が最低ラインを下回る場合には、対応に注意が必要です。
たとえ受け入れ可能な額であったとしても、口頭での申し入れには、絶対に答えてはいけません。

家 売るというのは大事です。
必ず紙面での契約が必須です。

安易に受け入れの回答をしてしまうと、次からはその額を基準に考えられてしまうことになります。
また購入希望者が連れてきた不動産業者にも、その額を知られてしまいます。

ですから少なくとも、指し値の回答は、買付証明書を受け取ってから、答えるようにしましょう。
またもしどうしても受け入れることができない金額なら、即座に断ってもかまいません。

家を売って引っ越しをするのは、今では当たり前のことですね。
「それなのに、いちいちお祝いを贈らないといけないの?」
そう思う人もいるかもしれません。

もちろん、ただ賃貸住宅を引っ越した場合などは、引っ越し祝いは必要ありません。
転勤などで引っ越して、引っ越し祝いをもらうのもちょっと気が引けるものですね。

でも家を新築したり、購入したりした場合には、
「新築祝い」「引っ越し祝い」を贈るのが礼儀になっているんですね。

家は高価なものですから、一生にそうなんども買うものではないでしょう。
「一生に一度の買い物」になる人も、少なくないのではないでしょうか。

ですから「お祝い」を贈るんですね。
「頑張って家を建てて、おめでとう」
という気持ちを示すというわけです。

引っ越しのお祝いにも、「新築祝い」「引っ越し祝い」など、いくつか種類があります。
また贈り先との間柄により、値段の相場もあるんですね。

また贈るものを選ぶのに、やはりそれなりに気を使わないといけません。
「送ってはいけないもの」もありますから、注意が必要なんですね。

そこでこのサイトでは、
「引っ越し祝いのウソ?ホント?」
と題し、引っ越し祝いの「常識」について、紹介したいと思います。

知り合いの方が引っ越しをした場合など、参考にしていただけましたら幸いです。

極限まで安く!財布に優しい住まい選び

お財布選び、とっても大変です。
私がお気に入りにしているのは二つ折りでがま口で札入れが二つにわかれているものです。

これが探そうと思うとなかなかみつかりません。まず、
がま口のお財布が少ない。さらに二つ折りで札入れが二つあるものは本当に限られてきます。

しかも、私は荷物が多く、でもカバンはコンパクトなものが好きなので、お財布もできるだけ小さくて軽いものがすきです。

できることなら毎年新年にはお財布を新調したいのですが、
上記の理由で気に入ったものがみつからないのでしかたなく
2年〜3年は同じものを使うことになり、
さらには一年中どこへ行ってもかならずお財布売り場をチェックして、気に入ったものがないか探しています。
この「メンズ財布人気ブランド特集!−大人の財布選びガイド」とか見つけやすいです。

今までに使ってよかったのは、アニエスベーのエナメルのお財布やバーバーリーブルーレーベル、
マーガレット・ハウウェル、レスポートサックのお財布も軽くて使いやすかったです。

キャスキッドソンのお財布もかわいくて欲しいと思いますが、わたしにはサイズが少し大きいです。
今のところがま口をみたことがないですし。

予算は1万円台です。1万5千円を超えると気に入っていても買うのに悩んでしまいます。
あんまり高いお財布を持っていても、中身は少ないのは恥ずかしいような気がします。

プレゼントでもらうなら、ショルダーベルトのついたコンパクトな長財布がほしいです。
お財布だけを肩からかけてでかけられるような。
セカンド財布になるので自分で買う余裕はないからです。


ページの先頭へ戻る